転職女子が面接で減点されないメイクのポイント

転職面接の際のメイクって悩みますよね。「普段通りのメイクだけどほんとうにこれでいいのかなぁ」「そもそも普段、メイクしないからどうしたいいかわからない」と悩むことも多いのではないでしょうか。 面接の際のメイクで大切なことは『健康的+誠実そう』にみせること。これによりあなたの魅力を盛って伝えることができます。 今回は転職女子が面接で減点されないメイクのポイントをご紹介します。

口紅をつけて口元を印象的に

リップメイクしない、グロスやリップクリームを使っている方でも、面接の際には口紅をぬることをオススメします。口元が明るいと顔全体の印象が明るくなり健康的に見えますし、また、口紅をぬることをマナーと考えている方もいますので、そういう面接官からの印象もよくなります。 色はくちびるの色が人それぞれちがうので一概にはいえませんが、オレンジやベージュ系の色がオススメです。いずれにしろ、「自分の肌と比べて浮きすぎない色」であれば問題ありません。 ひとつだけ注意して欲しいのは「リップライナー」を使うということ。「リップライナーって、おばさんが使うもんじゃないの?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。リップライナーを使うことで、口紅がにじむことがありませんし、使わないときよりもふっくらとしたくちびるが演出できます。 普段は口紅を使わない方でも面接の際は使ってみることをオススメします。

目はぱっちり!でも、強調しすぎに注意

面接官が面接の際、あなたのどこを一番見ているでしょうか。それは”目”です。ウソをついているか、どうかは目にあらわれやすい(目が泳ぐ)ですし、しっかり聞いているかどうかも目にあらわれます。ですので、アイメイクも手を抜いてはいけません。 アイシャドウは自然な色を使いましょう。また、これも個人差があるので一概にはいえませんが、ピンクやブルー、シャンパンゴールドなどの少し華やか目の色がオススメです。明るい印象にしてくれます。逆に避けたい色はグレー、ブラウンなどの地味目な色。印象を明るくしてくれるどころか、暗い印象を与えたり、年齢+2歳ぐらいに見られてしまう可能性も。目は印象に残りやすいので「ちょっと派手になるかな?」ぐらいの色を選ぶ(※実際は派手になってはダメ!)のがいいのかもしれませんね。 注意して欲しいのは目尻を強調しすぎないこと。人によっては「ちょっとこわい……」と思われてしまうことも。あくまでも、自然を心がけてみましょう。 目は面接の際に一番見られるパーツです。さりげないアイシャドウで印象をアップしてみましょう。