ルックスは中の上くらいだと思うんで、会社の受付穣になろうと・・・

大きな会社に行くと、受付が常設されていて、やけに容姿端麗で端麗な女性がいるなと感じたことはないでしょうか。いや、これくらいのレベルなら私だって勝てるし、受付嬢になれると思う人もいるのではないでしょうか。 受付で対応すればいいだけだし、特にスキルもいりそうじゃないし、楽そう。以前いた会社や、よく訪問する会社でこんなことを思った人もいるのではないでしょうか。実際のところは、企業の受付嬢は、公にはされていませんが、容姿がいいことが条件とされ、一般的なビジネスマナーを身につけていることも必要とされます。経験がなくともなれるので、転職することもできるのではないでしょうか。

企業の受付穣になるには

大きくタイプがあり、大企業などでは、そこの会社に入社している人が配属されるケースが多いです。総務部などに所属し、部署に希望などを出すか、総務部などに入社することが必要とされます。 もうひとつは、派遣社員として出向されるパターンで、ショッピングセンター、アミューズメント施設等では、会社員ではなく、アウトソーシング化されているので、派遣会社で受付職での希望を申して、派遣されることになります。 大企業の総務部で中途採用は少ないので、派遣社員になる方が比較的楽になれます。

仕事内容

ただ、来客の案内をするだけでなく、来訪者の用件確認、アポイントメントの確認、関係者との連絡、伝言の伝達や客の接待、来訪者のチェックとそのリスト作成など。企業の代表電話への応対、総務や一般事務と兼務していることもあり、責任のある仕事です。

必要なスキル

まず、会社の顔となるため容姿が端麗なことが必要で、社会的地位のあるひととも対応しなくてはならなく、高いビジネスマナーが必要です。また、外国人などに対応するための語学力もあると尚いいです。 スケジュールの確認や来客数の集計、空き時間の事務的業務もあるため、エクセルやワードなどのパソコンスキルは必須となるところも多いです。

受付嬢ならでは

受付は基本的に日中だけとりおこなっているところが多いので、残業がなく定時に帰れる場合が多いです。また、社外の人とも多く接点を持つので、知り合いが増えたり、プレゼントをもらえたり、時には飲み会に誘われたり、転職のお誘いなどもあるかもしれません。容姿を生かして得できる、特殊な職でもあります。