面接の有効なファッションはどんなもの?

人は見た目が9割と言われるほど、第一印象が大切になります。面接に入室し、その第1歩で面接官が何かしらの反応を示すことが出来れば、その面接は、多少緊張して失敗したとしても、有利な展開で行くことが出来るかもしれません。しかし、就活生のようなスーツで転職活動をするべきなのだろうか。と迷っている人もいるかもしれません。転職は、就職活動とは違い、フレッシュさで押すということは厳しいのも事実です。そこで今回は、 面接にふさわしく、かつ女性らしさを発揮することが出来るファッションについて自営業、サービス、事務の3つの職種ごとに紹介していきます。  

営業職は、信頼と賢さをアピール 

営業職は、活発さを印象づけるために、パンツスーツを選ぶのがオススメです。ポイントは、理知的、かつ優しさげな雰囲気を併せ持つグレーのスーツなんかはぴったりなのではないでしょうか。ここで大切なことは、パンツスーツのサイズ。このサイズを間違えてしまうと、せっかくのコーディネートも台無しになってしまう可能性があるのです。袖やパンツの裾、身丈などがジャストフィットしたものを着ていくことがベストとなるでしょう。 体にフィットしたスーツですっきりとした印象をつけることが出来れば、「営業職にもってこいの女性」と印象づけることが出来るのです。

サービス職は、明るく華やかなコーデで決まり! 

人と接する機会が多く、コミュニケーション能力が必要とされるサービス職では、とにかく第一印象を明るく華やかに演出することが大切になってきます。あまり派手な演出にすると、印象を損なう可能性がありますが、適度なコーディネートにすれば、印象はガラリと変わるのです。イメージは、おとなしめのショップ店員さん。例えば、オフホワイトのジャケットで、ベージュのスカートなど、透明感のある服装を選ぶことが大切です。ここで気をつけなければいけないことは、服にシワがないようにすること。コーディネートが良くても、服装にシワがあるのは良くありません。そのためそのような細かな部分にも気を配るように心がけましょう。

事務職は、協調性をアピール 

サポート業務に就くことが多い事務職は、社内に溶け込める強調性や柔軟性が求められます。そのため、ベージュのジャケットや黒のスカートなどを合わせて、人に柔らかな印象を与えるということが大切です。その一方で地味なコーディネートになるので、アクセサリーなどをつけて、女性らしさを出しましょう。

まとめ 

職種毎のコーディネートを簡単にまとめてみました。服装に正解・不正解はありません。 大切なのは、相手に与える印象はどのように感じるのかを客観的に考える ということです。このように見られたい!というものがあれば、そのようなコーディネートをすれば良いのです。皆さんも是非参考にしてみてはいかがでしょうか。