転職先がブラック企業だったらどうしよう

ハローワークやWebサイトで常にアルバイトを常に募集しているところは怪しいですね。 社員の入れ替わりが多いイメージがあります。 つまり辞めている人が多いということですので、何かしらの理由があるのでしょう。 こういった企業にはいくつか理由があると思われます。

会社がベンチャー企業で、急成長中のため人材がほしい。

確かにベンチャー企業にはよくあることです。 とはいえ、一般企業からみるとベンチャー企業ってある意味ブラックだったりするんです。 例えば、今が頑張りどきだからという理由で残業費が削減されたり、土日勤務も発生してしまうなど 人手が足りていないのに、仕事は多く引き受ける。ということが稀になります。 各担当で引き受ける仕事の量が違うんですよね。 なので、もしベンチャー企業に転職を希望の方は会社の成長と合わせて動いていくことを意識して取り組むことが必要です。

専門分野に特化しているため、募集条件が厳しい。

例えば薬剤師や看護師など免許を持った人が必須である会社であったり××経験3年以上が必須条件など募集条件の段階である程度の募集層を狭めているケースです。 ここは人手不足というよりも、能力やスキルなどを必要としているかと思われます。

離職率問題に苦しみ、人手不足

ここは危険です。 こういった企業にかぎって、高年収・好条件・高感度の安売りのキャッチコピーで募集しております。 「ノルマなし・未経験者OK・年収××万円も夢じゃない!」 「アットホームな環境で休日にみんなでバーベキュー」 実際に事実を記載しているだけかもしれません。 ではなぜそんなに離職率が高いの!? 毎回募集を出しているのか? ここがいわゆる労働環境が良くないところかと思います。 社員規模も毎月募集している割には、20名程度・・・。 人の入れ替わりが激しいというのが一目瞭然ですね。 確かに働いている社員の方はアットホームかもしれませんが新入社員・中途社員を受け入れる体制が整っていない可能性は非常にあります。 こういった企業こそ会社ルールという目に見えないものが重荷になり、仕事に支障が出て、退職していくのでしょう。 いかがでしたでしょうか? たとえ、いい条件で募集されているとはいえすぐさま応募せずに、一旦じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。